「ふたりの“大切な日常”の場所…滋賀での結婚式をもっと自由に、もっと特別なものに」フリーウェディングプランナー・上嶋千絵

更新日:2021.10.01

画像

上品で繊細、洗練された美しいウェディングビジュアルのコンセプトの中に、どことなく切なくなるノスタルジックさ。ふたりが繋がっている背景やストーリーを感じて、強く引き付けられる『Wedding Produce Neiro』の世界観。
滋賀を中心に活動するフリープランナー・上嶋千絵さんは、結婚式を創るために、空間デザイン、衣装スタイリスト、ヘアメイク、美容着付け…あらゆる経験を経て独立。彼女がたどり着いた結婚式のかたちとは『非日常』を華やかに演出するのではなく、ふたりがあゆみ紡いできた『日常』のその先を、丁寧に繋いでいくのです。

ふたりが生まれ育った故郷『滋賀』で、結婚式の選択肢をもっと豊かに

上嶋さんのウェディングプランナーとしての豊かな経歴を事前に拝見しました。フリーランスとしての活動の場を近隣の京都や大阪など、都市部に広げられてもいいのでは…と思うのですが。故郷である『滋賀県』と、現在お住まいの『京都の亀岡』周辺に腰を据えて、ふたりのウェディングのお手伝いをしたい強い思いが根底にあるとお聞きしています。

上嶋 結婚式の準備をしていくと、自分の生い立ちや家族のことを考える瞬間がたくさんあります。とくに“自分たちらしい結婚式”をしたいと考える方は、おふたりのルーツや思い出に向き合う時間も多くなってくるでしょう。

『自分たちはいったいなにが好きなんだろう』
『なにをしているときが幸せなんだろう』
『私は誰に感謝を伝えたいんだろう』
『あの町で、あの場所で、あのひとたちのなかで育ったから、いまの私がいる』

自分たちのいままでを考えていくと、おふたりが大切にしている場所で、結婚の誓いを立てたいという考えに行きつくのは、ごく自然です。
思い出のレストラン、思い出の公園、昔からお世話になっている地元の神社、育った実家、いま住んでいる家…。

画像

上嶋 普段通りの見慣れた田舎町でも、どんな風に思いを込めてデザインしていくかで、特別な場所に変えることができます。むしろ、普段通りの見慣れた町、場所だからこそ、何倍も、何倍も特別な場所に変わるのかもしれません。
フリープランナーとして、自身の活動する場を滋賀や亀岡の田舎町中心で考えている大きな理由は、そんな結婚式を“私の、そしておふたりの大好きな地元である町で実現したいからなんです。

結婚式のなかで私が「好きだな」と感じるところは、お互いの大切な方々と一同に集まり、出逢い、ご縁が広がっていくところです。
おふたりの結婚式が始まりとなり、大切なひと同士全員かけがえのない存在に変わっていくのは、お互いのこれからの人生を強く豊かにしてくれると思うんです。
だから、結婚式の場はお互いの絆を深めあえる場所がいい。
おふたりがいままで生きてきた場所であったり、これから暮らす場所であったり…
さらに町に暮らすひととの繋がりもできて、もっともっとその町について好きになっていけたら、こんな素敵なことはないと思っています。

画像

いつもの、普段通りの、大切な場所だから。特別な日の特別な場所にしたい

ふたりが大切にしたい思いから結婚式の場所やスタイルの答えを導き出すには、なにを手がかりに探していくのでしょうか。

上嶋 私は「決まった答えはない。おふたりと大切なひとにとって居心地いい世界が正解」だと考えています。
でも、居心地いい世界を自由に導き出すには、滋賀では結婚式場の数が限られてしまうのです。
地元には結婚式場がないからと、大好きな地元での結婚式を諦めて、隣町や他府県で結婚式をする方も多いでしょう。

実際、会場に所属しているとき「ゲストとしてたくさん列席してきたので、ひとと違う結婚式にしたい思いはあるが、どうすれば叶うか分からない。どうせどこでやっても同じ感じなのではないか」という先入観を持っている方と多くお話をしてきました。
また「目立ってひとと違うことをしたいわけではない。“自分たちらしさ”をもっと気楽に出したい」潜在的な希望は、おふたりとの対話からたくさん引き出てくるんです。

画像

大切な場所で、いままで出会った、そしてこれから出会う大切な人と結婚式を挙げたいのに、叶えるための専門的な場所の数やスタイルも限られてしまうんですね。

上嶋 おふたりの結婚式の場所やスタイルの選択肢を、もっともっと広げたいと考えていました。『結婚式は結婚式場でするもの』と思っているひとがほとんどです。
だからこそ『結婚式場以外の場所でも、環境さえ整えれば、どこだって可能なんです』という考えや方法を、おふたりと一緒に考え作ることができれば…と。
もちろん生まれた町だけが、自分のすべてではないかもしれない。
でも、生まれ育った場所への思いが、自分のアイデンティティの一部であるのは確かで、そこに行きつく可能性は残していきたい。

だから『場所ありき』からスタートしない、おふたりの根本的な部分から聞いていくヒアリングを大切にしています。
おふたりの心の根っこ、大切にしていること、世界観…
ふたりを形作る背景をじっくり聞き込みながら、具体的な形に起こしていくんです。
時にはおふたりから「こういうやり方があるのでは」「こんな方法があるよ」と教えてもらうことも多いですよ。

こういう風にやると、おふたりにフィットするんじゃないかな。
こういう考え方をすれば、おふたりが心地いいんじゃないかな。

ひとつひとつの答え合わせを新郎新婦と一緒にしている感覚で、打合せを進めていきます。
結婚式を『非日常の一日』ではなく、日々の生活に根付いた日常の延長線にある最高に幸せであたたかい時間として過ごせるように、と想像し、願いながら作っていますね。

画像

4つの地域によって変わるカラー。多彩な地元の魅力でウェディングに色を付ける

上嶋さんのつくり込んだウェディングの世界をInstagramやフォトで拝見させてもらうと、品よく洗練されているのに、何時までも変わらないでいてほしいような、少し切なくて懐かしくなるような、ノスタルジックなメッセージ性を強く感じています。上嶋さんが考える故郷、滋賀の魅力を教えてください。

上嶋 滋賀は、京都と大阪といった大きな都市が近い場所にある地域です。だから故郷から出ることなく、大学や職場へ通うひとが多い土地柄だと感じています。
男性も女性も親御様との距離感が近く、家族や御親族様とみんな仲良しなんですよ。

滋賀県自体は知名度が高い地域や大都市に囲まれているので、日本の中では知名度が低く「琵琶湖だけやん!」なんて言われがちなイメージです。
でも「住んでいる人は地元が大好き」で、その情報や気持ちをSNSでたくさん発信しているひとも多いのです。
私は滋賀の信楽が故郷ですが、大学に進学する際に故郷を出てしまったのです。でもいまは、滋賀からほど近い京都の亀岡の人と結婚したので、出産後は孫の顔を見せに信楽の実家に頻繁に帰っています。
そんな日々を通し、故郷である滋賀の素晴らしさを改めて実感しています。

滋賀県の魅力を結婚式に活かしたいと考えたとき、例えばどんな内容や演出ができるのでしょうか。

上嶋 滋賀県は琵琶湖を中心として『湖南・湖東・湖北・湖西』の4つの地域に分かれているのですが、地域で変わる魅力的なロケーションや特性、特産物がふんだんにあります。
地元や故郷での結婚式を計画する際には4つの地域それぞれの彩りを、ぜひ取り入れていただければ、と提案しています。
また、地元の特産をぎゅっと詰め込んだ引出物BOXを企画したいと考え、現在企画進行中です。

画像

【滋賀県の4つの地域のそれぞれの魅力とは?】

湖南…
天智天皇のころには大津に都が置かれ、古くから開発が進んでいる地域。京阪に近い地域でアクセス良好のため、都市部に出てしまうひとも多い。甲賀市は県境をまたいで位置する三重県伊賀地域と並んで忍者(傭兵)と製薬の町として名高く、また信楽焼を代表に歴史や文化面で見どころの多い地域であり、ウェディングのギフトや引き出物に特産物を取り入れる提案していきたい。

湖北…
京阪から最も遠い地方で、かつては養蚕業が盛んな歴史がある街なので伝統的な文化や景観が保たれている。東海地域との折衝地帯であったため、岐阜寄りの結婚式の風習が残っており、自宅で着付けをして両親に見送られ会場に向かう「お家立ち」の伝統は有名。そういう世界観を取り入れたウェディングを提案していきたい。

湖東…
平野部が大きく開けており、穀倉地帯や交通の要衝として栄え、肉牛の飼育が盛ん。近江商人を最も多く輩出した地域でもある。日牟禮八幡宮のある近江八幡市を始め、彦根城とゆるキャラで一躍脚光を浴びた彦根市などが有名。地域には武家屋敷街や、古い物件多が多く、町おこしの一環として古民家リノベーションのレストランなど風情あるロケーションが残る。大くのひとを魅了するヴォーリズ建築をはじめ、魅力溢れる建造物が多い地域。歴史溢れるロケーションと建造物を活かしたウェディングを提案していきたい。

湖西…
平野部が少なく、琵琶湖近くまで山地が迫る自然豊かな地方で、比良山地や野坂山地では森林が広がる。牧野スキー場や日本さくら名所100選に選定されているマキノ町海津大崎など、豊かな自然を楽しめる場所も多く、都市部からの移住者にとって魅力的な地域。豊かな自然や牧場の広い空間を活かした音楽フェスのようなウェディングやアウトドアウェディングを提案していきたい。

滋賀は古くから文化や歴史の中心地域と密に接しているだけあり、どの地域もさまざまな歴史、ロケーション、特色があり、とても魅力的ですね。滋賀在住の皆さんが「地元が、故郷が大好き!」と誇らしく愛しく思う理由が分かります。素敵なロケーションや特色を、ウェディングに取り入れながら、大切な人との時間を過ごせたら、結婚式によくある特別な飾りつけや演出や派手なイベントは必要ないのでは…とすら思えてきます。

上嶋 素敵な一軒家が多いので『ご自宅でのウェディング』といったスタイルも、ぜひおすすめしたいです。生まれ育った自宅でウェディングプランはできますか?といったお問い合わせが徐々に増えてきています。
現在進行しているプランを例に挙げると、ご自宅が歴史のある建造物である新郎新婦が、ロケーションを活かした自宅でおこなうウェディングプランを計画中なんです。
湖北に残る『お家立ち』のように、家族に見守られ、家からおふたりが出発するのは、結婚式の原点とも言えるかたちなのではないでしょうか。

画像

ふたりの大切なひとと日々の生活に根付いた思いを『受け継ぐ』手助けをする

『結婚式の原点』とのお話が出たのでお伺いします。コロナ禍でいままで通りの結婚式が挙げられないと考え、結婚式のスタイルや、とり行う意味について、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。上嶋さんが担当されている方たちは、コロナ禍を経て、どのような結婚式を計画され、決断されていますか?

上嶋 いま(※2021年3月現在)担当している方たちの中では、幾つかの組は今春から初夏にかけて予定されていたものの、秋への延期、予定通り決行される方、フォトウェディングへの変更など、さまざまな選択を迫られています。私も、それぞれが迷いながらご決断されたお気持ちを最大限尊重し、全力で応援したいとお手伝いをしています。
同時にウエディング事業者の有志の集まりに参加し、コロナ禍で結婚式と向き合う姿勢を先輩フリープランナーの方たちの間近で学んでいます。時には勉強会のお手伝いをしたり、noteで情報発信しながら、いまの世の中で求められている結婚式のかたちや、ウエディング事業者としての在り方を模索する日々です。

私自身の考えでは、そもそも「結婚式」=「挙式+披露宴(パーティー)」ではないと考えているんです。では、結婚式とは何か。
私は「結婚をすること」自体に向き合う時間、全部だと捉えています。
そうしていままでの結婚式の枠を取り払えれば、結婚式の選択肢は膨大です。
これからは場所だけでなくウェディングスタイルも、さまざまな「結婚式のかたち」を提案していきたいんです。

自由な食事会、屋外での開放的な密にならないパーティ、フォトウェディング…。
ふたりが居心地良いと思える空気感を聞き込み、肩肘張らず、じんわり幸せを感じられる時間の形をとことん聞き込んで、ふたりにとっての答え合わせをしていきます。

画像

ふたりの世界観とビジュアルを圧倒的に緻密に表現。実力は幅広いキャリアが裏付け

選択肢が膨大だと、そこから掴んだふたりの希望を、具体的にデコレーションや空間デザインで表現するのは、緻密で根気がいる、大変な作業にならないですか?

上嶋 もともと芸術大学で空間デザインを専行し学んでいたので、ふたりのテーマをコンセプトに落とし込み、テーマを選んだ理由やストーリーを表現していくのが得意であり、好きなんです。特におふたりが描いている「こうありたい」世界観を掴むために、おふたりのペースに合わせた丁寧なヒアリングを強く心がけています。

上嶋さんがいままで手がけられてきたウェディングのフォトを見て、強く感じました。細部まで、新郎新婦らしさがストーリーやメッセージのように丁寧に伝わってきます。

上嶋 空間デザイン以外にも、3つの会場でスタイリスト、ヘアメイク、着付と、ビジュアルに関わる職種のすべてを経験しています。美容師免許は仕事の傍ら通信で取得しました。さすがに美容師のようにカットまではできませんが、おふたりにはビジュアルを安心して任せられる判断材料になるでしょう。
新郎新婦に何が似合うかを掴み、空間デザインとビジュアル面まで全体のバランスを取りながら、すべてコーディネートしてふたりのウェディングの世界を創っています。
以前所属していた会社の方針でさまざまな業務に携わった視点が、おふたりへの提案の幅に活かされていると実感しています。

かなりハードな方針の会社に所属していたんですね。そして、すべてこなしてきた仕事ぶりと器用さも衝撃です。さまざまなプランナーさんとお話させていただきましたが、全部をこなせるキャリアをお持ちの方は、さすがにいらっしゃらなかったです。

上嶋 他の会場所属のプランナーさんと比較すると、経験幅は広い方ではないでしょうか。
いろんな部門で活動していたので、ウェディングを創り上げるチームのパートナーさんたちの気持ちや状況を考える力がつきました。

ひとつの結婚式ができあがるまでに、かかわる方々はたくさんいます。
おふたりと直接顔を合わせるヘアメイクやカメラマン、司会者や料理のサービスマン、ドレスの手入れをするスタッフ、招待状などのペーパーアイテムを作るデザイナー、料理の食材を作る生産者の方々…。
数えきれないほどたくさんの方々の力で、心のこもったあたたかい結婚式がつくられます。

だから、私はいままでの経験をすべて活かして、おふたりのためのチーム作りを大切にしているんです。
遠いところで力を貸してくれる方々の顔が見えるよう、協力してくれた人の思いを繋ぐ結婚式にしたいと考えています。

画像

日常の先へ。ふたりの『人生の節目のお祝い』まで繋いだひともクローズアップしたい

上嶋さんのお話を聞いていると、会話の中に『繋いでいく』というフレーズが何度か出てきて、印象に残ります。私の結婚式とは新たなスタート地点という見方だけでしたが、上嶋さんにとっての結婚式は『繋いでいく』側面があるんですね。

上嶋 田舎町に育つと、家族や近所の方との繋がりが濃くなります。
誰が結婚した、どこで子どもが生まれた、誰がなくなった…
『冠婚葬祭』とは、実は身近で密接で、全部が繋がっているセレモニーなんだと、今更ながら実感しています。

信楽という田舎町を飛び出して大阪で暮らしていた学生時代には、正直なところ『田舎特有のコミュニティ』を煩わしいと感じることもありました。
でもいま、亀岡という田舎町に嫁ぎ一児の母となっだ私には「人と関わり生きていくのは自然なんだ」と強く実感できるようになったんです。

画像

上嶋 私はウェディングプランナーという仕事を、続けられる限り続けたいと考えています。
私の母親は、高校卒業後から定年まで同じ仕事を辞めずに働き続けたひと。そんな母の背中を見て育った私には、出産後に仕事を辞める悩みも選択肢もまったくありませんでした。
いま私の働いている間、まだ幼い子どもを両家の親が見てくれますが、私自身の子どもの頃と同じでした。
子どものときに多くの大人たちに見守られ、豊かな人間関係のなかで繋がり育ったから、いまの私があります。

でも、この環境があるのは、決して当たり前ではありません。
故郷に住むひとたちが大切に繋ぎ守り続けてきたから、いま私たちの生活も場所もある。簡単に続いていくわけではないと実感できたんです。

東京のようなの都市部では、失われつつある関係性です。核家族化で親族や近所のひとたちとの繋がりも失われ、お母さんひとりが追い詰められ孤独になる。それだけでなく、お子さんがたくさんの大人と接する豊かな人間関係を知らないままに育つ状態も、子育てを通じた社会問題となりました。

上嶋 だからこそ、結婚式をはじめとする『冠婚葬祭』の節目のお祝いを大切に伝え、守り、繋いでいきたいと考えています。
いま、結婚式だけでなく、七五三のお祝いやファミリーフォトをプロデュースさせて頂いているのですが、撮影内容は主役のお子さまだけでなく、同席されているお母さまやお父さま、おじいちゃまおばあちゃまや親族の方たちもクローズアップしています。

画像

上嶋 私自身母親となり、誕生日の「おめでとう」は子どもだけでなく、周りで育ててくれた人たちの「おめでとう」でもあると気づいたからです。
1人の子どもを育てていくとはどれだけ大変か。同時に、すくすく健康に育ってくれてどれだけありがたいか。
いまあるのは、周囲のひとたちとの日常と、繋がりの延長ですから。

ただ母になると、自分は後回しで子ども優先の生活は多くなるでしょう。子どもが主役としてスポットが当たるシーンも多いでしょう。
だから親御さんにスポットがあたる時間が、あってもいい。
冠婚葬祭や節目のお祝いの時間を「また明日から子育てや家事を頑張ろう」「もっと家族を大切にしよう」と思える、なんでもない日々にじんわり幸せを感じられる時間にしたいんです。

日常生活を大切に育んだ先にある、お祝いのかたちのひとつひとつを丁寧に紡ぎ、繋いでいく。
それが、いまの私の目標です。

フリーウェディングプランナー【上嶋千絵】profile

画像

滋賀県甲賀市信楽町出身。芸術大学デザイン学科卒業。
大学卒業後は滋賀・大阪・京都の結婚式場でウエディングプランナーとして12年勤務。
滋賀県の専門式場、レストランウェディング、京都のハウスウェディングと、さまざまなウェディングスタイルをプランナーとして経験。プランナー以外にも衣装スタイリストやヘアメイク担当も経験。さらに美容師免許も在職中に取得し、ウェディングに関わる要素はオールラウンドなキャリアを積む。

サブキャプテン、キャプテンのキャリアを経て、総合的なプロデュース力を強みに2020年に独立。結婚地域文化や地場産業に寄り添いながら、唯一無二の世界観で結婚式づくりのお手伝いを開始。式の選択肢が少ない田舎で、選択肢を増やし、示せるよう日々試行錯誤中。

本人曰く「見た目は冷静でクールに見られがち。ですが、気持ちはわりと暑苦しい」タイプ。
特に大好きなビール(お酒類全般)を飲むと暑苦しさを隠せないとのこと。担当した新郎新婦と式終了後にもお付き合いが続き、3人で飲みにいくこともしばしば。
小さなライブハウスでお酒片手にライブを聴くことが大好きな、1児の母。

上嶋 千絵さんへ結婚式の相談など、
お気軽にお問い合わせください。

CONTACT
上嶋 千絵さんへ問い合わせる

この記事を書いたライター

カテゴリー