山梨だから叶う最高の結婚式。山梨ならではのオリジナルウェディングのアイデアを紹介。どんな結婚式が計画可能?人気の会場や場所は?

更新日:2021.03.19

画像

写真提供:青木 萌実

山梨の気候やその土地ならではの特徴を活かした結婚式にするには、どのような演出やアイデアがあるのでしょうか。また、山梨県の一般的な費用は?山梨は日本の中でも美しい景勝地を代表する豊かな自然、農産物をはじめとする恵み多い地域。結婚式の中にも、恵まれた地域の特性を活かし、オリジナリティ溢れる会場選びや演出、装飾、ゲストへの引き出物などに取り入れるケースが多いようです。

山梨での一般的な結婚式の特徴は?ゲスト数や費用、山梨のしきたり、風習も確認

画像

写真提供:青木 萌実

山梨県の一般的な結婚式の費用や特徴について確認しておきましょう。
山梨で魅力的なオリジナルウェディングを計画する前に、一般的な結婚式はどのようなものかを知っておくことで、結婚式を計画するために役立てることができるでしょう。

山梨県の結婚式は人とのつながりが厚くゲスト数が多いことが特徴

山梨では人と人とのつながりが厚く、月1回程度、特定のメンバーで集まって食事や飲み会をする『無尽』というコミュニティや、町内会より単位が小さく近所の人たちと協力し合う『組』というコミュニティがあることで知られています。山梨でおこなう結婚式では、これらの無尽や組の人たちも招待することが多く、100名以上となることも少なくありません。平均ゲスト数は他県と比べるとだいぶ多くなっているのです。

【結婚式招待ゲスト数の比較】

山梨県平均ゲスト数 東京都平均ゲスト数 全国平均ゲスト数
84.1人 61.1人 66.3人

出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2020調べ

山梨県の結婚式の費用相場と平均金額。一部地域は会費制結婚式が根付く

山梨は招待ゲスト数が全国的に見ても多い方なので、そのぶんおもてなしに費用がかかるため、全国的に見ても結婚式費用の相場は高いほうであると言えます。
山梨県の結婚式は一般的にはご祝儀制でおこなわれますが、富士五湖周辺など一部地域では会費制結婚式の風習が根付いている地域もあり、そのような地域では結婚式費用も安くなっています。また、ひとつの披露宴を親しい友人は会費制で、仕事関係の上司や親族などはご祝儀制にする異なった形が混在する形式もも珍しくはありません。

【結婚式費用の平均金額の比較】

山梨県平均金額 東京都平均金額 全国平均金額
411.9万円 378.5万円 362.3万円

おもてなしは山梨の恵みをふんだんに取り入れた美酒・美食・ギフトへのこだわりを重視

山梨県はぶどうや桃をはじめとかる果物の生産やジュエリー、絹織物など、昔からの農業と地場産業が盛んです。そのため、結婚式のおもてなしや引き出物に、山梨の特産品を取り入れるアイデアが多くみられます。
料理では山梨のフルーツをふんだんに振る舞ったり、ワインセラーを構えワインソムリエが常駐する結婚式会場が人気を集めています。また、引き出物に山梨県の特産品とも言える甲州ワインを取り入れるアイデアも定番です。富士吉田周辺では名物の吉田うどんを縁起が良い食べ物として、コースの締めや引き出物に取り入れるアイデアもよく見られます。

山梨県の特徴は?気候や産業や観光の魅力や特色

画像

写真提供:青木 萌実

山梨県で計画可能なオリジナルウェディング。山梨の自然、恵み、文化を活かした会場例
山梨でオリジナリティ溢れる結婚式を計画するには、まず山梨が他県に比べどのような特徴を持った地域であるかも知っておきましょう。

【特色1】日照時間が長く晴れ日が多い内陸性気候。美味しい野菜と果物が育つ地域

山梨県の気候は、山に囲まれた盆地という地形から内陸性気候の特色があります。

【山梨の内陸性気候の特色】

  • 「昼と夜」の一日の気温差が大きい
  • 年間の日照時間が日本一長い
  • 年間の降水量が少ない

内陸性気候はおいしい果物や野菜の栽培に適しており、太陽の光がたくさんあたることで、農産物を甘くする素(でんぷん)が作られます。一方、夜の気温が低いと、そのでんぷんは無駄に使われず、「くだもの」などの内部に貯えられ甘み(糖分)に変わります。だから山梨県で育った農産物はおいしいのです。また、降水量が少ないと病気にかかりにくく元気な農産物が育つのも特徴です。また、晴れ日がおおく年平均風速が2m/s以下と県内全般で風が弱いという特色もあり、屋外でのレジャーや催し事にも適しているのです。

【特色2】四方を山に囲まれた豊かな自然環境

山梨県は四方を山に囲まれ、県全体の77.5%が森林が占め、世界遺産に登録された富士山、避暑地として名高い清里もある八ヶ岳、南アルプスの山々などの自然豊かな観光資源に恵まれています。また、富士箱根伊豆国立公園や秩父多摩甲斐国立公園など、6つの自然公園も有しており、四季折々の美しい景観や水と緑にあふれる自然と、気軽に触れあえる施設も整っています。

画像

写真提供:青木 萌実

【特色3】 『山梨ブランド』に代表される農業や地場産業が盛ん

山梨県の大きな特色である内陸性気候は、日照時間が長く降水量が少ない、また、朝夕及び夏冬の気温差が著しい盆地特有の気候です。この気象条件が美味しい野菜や甘い果実を作るのにおおいに適していめるため、「果樹王国やまなし」を長く育んできたのです。山梨が育んだ豊かな恵みは、他の土地では体験できないフルーツ狩りやワイナリーなど観光資源となり、山梨の大きな魅力となっています。
農業だけでなく、ジュエリー・ワイン・絹織物など伝統と特色ある地場産業が盛んであり、現在は高度なものづくり産業や燃料電池関連技術に関する最先端の研究開発拠点等が集積しつつあり、「やまなしブランド」と称される優れた県産品が全国で認知されています。

【特色4】大都市に隣接し首都圏から好アクセスの立地

山梨県は東京に隣接する立地から、中央自動車道やJR中央線等の交通網が整っている地域でもあります。JR中央線の特急で新宿~甲府が90分と、首都圏からのアクセスが便利な立地であり、東京からもたくさんの観光客が訪れますが、セカンドハウスやリモートワークも可能な場所として移住者も年々増加しています。
また、リニア中央新幹線の開業(予定)や中部横断自動車道の整備等により、さらに利便性の向上が期待されています。

山梨の特性を活かしこんなオリジナルウェディングが計画できる。会場や演出のアイデア

画像

写真提供:青木 萌実

山梨の気候や豊かな自然と恵みを活かし、通常の結婚式会場ではなく、ふたりやゲストにぴったりとあったオリジナルウェディングの会場や演出のアイデアが実現可能です。

【山梨で計画可能なオリジナルウェディングの会場や演出アイデア例】

  • 八ヶ岳の大自然をロケーションにした結婚式
  • ワイナリーを会場にしたお酒や料理を楽しむ結婚式
  • ガーデンや庭園でおこなう自由な結婚式
  • 古民家でおこなうアットホームな結婚式
  • 河口湖など湖畔でおこなう開放的な結婚式
  • レストランでおこなう結婚式や披露パーティ
  • 広い敷地を活かした自宅での結婚式
  • …など

山梨県の勝沼や塩山のワイナリーを会場にした結婚式

甲州市や笛吹市を中心ブドウ畑が広がり、山梨県は日本一のワインの生産量を誇ります。その生産場所であるワイナリーは、日本とは思えぬ幻想的で美しい結婚式の舞台に。
熟成中のワイン樽が並ぶワインセラーをキャンドルでライトアップして厳かな挙式会場にしたり、ルビー色の実をつけたぶどうの樹が造るぶどうトンネルの中で、ガーデンウェディングをおこなったり…。地元食材を使った料理と極上のワインに舌鼓を打ちながら、幸せな時間を過ごすことができるでしょう。

山梨のガーデンや庭園でおこなう結婚式『ガーデンウェディング』

山梨にはその豊かな自然と広大な敷地を活かし、美しい庭園や洋式のガーデンをもった宿泊施設や公共施設が数多くあります。そんな場所を結婚式会場に、本格的なガーデンウェディングを堪能することができるのです。ガーデンウェディングで心配な雨も、もともと雨が少ない山梨の気候ならうってつけ。気候のよい時期に、ゲストとともに開放的でアットホームな一日を計画できるでしょう。

画像

写真提供:青木 萌実

山梨県のリゾート八ヶ岳や富士五湖湖畔の大自然をロケーションにした結婚式

山梨県が誇るリゾート地八ヶ岳の清里や、自然豊かな富士五湖周辺などでは、自然のロケーションを活かし、山梨の変わることのない自然を全身で感じることができる本格的な『ラスティックウェディング』や『キャンプウェディング』が叶えられる会場となります。宿泊施設も充実しているため、結婚式に合わせて宿泊も手配すれば、小旅行やイベントを兼ねたゆったりした時間の過ごし方も計画可能なのです。

山梨県の古民家や一軒家レストランでおこなう結婚式

山梨や全国的に見ても古民家が多い土地で、古民家を活かしリノベーションしたレストランや商業施設が数多くあります。そういった古民家や古民家の庭園で結婚式会場として、まるで我が家にゲストを招いたかのようなアットホームで自由な結婚式を楽しむことができます。懐かしいたたずまいと香りのなかで、地元食材を使った料理を楽しみながら、縁側や庭でゲストとのフォト撮影を楽しんだり…ゲストと過ごす時間をじっくり大切にできる結婚式が計画できるはずです。

自宅の広い敷地や庭を活かした自宅結婚式

人と人との繋がりが厚い、人情に溢れた山梨らしい結婚式をおこないたいと考えるなら、思い切って自宅を結婚式会場にしてしまうというアイデアもおすすめです。もともと日本では、自宅で人前式である祝言を執り行うことが一般的でした。自宅を会場にして、手作りの装飾や演出を楽しみ、今までとそしてこれからもお世話になる親族や周囲の方々をお招きして、人生でもっとも大切な絆を深める温かな時間を過ごすことができるはずです。

山梨の自然や特色を活かしたオリジナルウェディングの計画はフリープランナーに相談を

コロナ禍を経た現在では、従来の結婚式の様式を見直し、三密を避けた開放的な会場を自由に選び、本当に大切なひとのみゲストで招待するオリジナルウェディングの形式が注目を集めています。
山梨らしさやふたりらしさを存分に活かせるオリジナルウェディングを計画するには、フリーランスのウェディングプランナーやウェディングプロデュース会社に依頼することが一般的です。一般的なブライダル業者や結婚式会場では、制約が多いために自分の理想通りのプランを計画するのが難しいためです。
オリジナルウェディングは今までの結婚式と違って、前例がないことも多いため、結婚式のプロに相談し、山梨の結婚式の風習や習慣とも折り合いをつけながら、計画していくことをおすすめします。

この記事を書いたライター

カテゴリー

未分類

タグ